パンビマンチェンマイスパリゾート

ホテル公式: http://panviman.com/chiangmai/index.html

都市名:チェンマイ(タイ)

アクセス:チェンマイ国際空港から40キロ車で約45分

チェンマイまでは成田からバンコクまで6時間、乗り継ぎ便で1時間10分

住所:197/2 Moo 1 Tambol Pongyeang Amphur Maerim 50180 Chiang Mai, Thailand.

 

世界からも認められた!「絶景天空のホテル」

肌もこころも磨かれて、ヘルシーな美しさを手にすることができるリゾート

タイ語で「パンヴィマン」とは「天国のような」を意味し、非日常感が広がるこのホテルのコンセプトである。

豪華なタイ建築と咲き乱れる花々が見事に融合し、壮大な眺めがこころゆくまで堪能できる。

レストランではオーガニックで自家栽培された新鮮なハーブや野菜を使っており、楽しみのひとつになっている。

滞在目的のメインは、なんといってもスパ。タイでも指折りのパンヴィマンスパは、チェンマイ最大級のスケールを誇る。山の渓谷に佇む最高のヒーリング環境に囲まれ、ここでしか味わえない至福のひとときを。

 

 

 

 

logo1111

客室

バレーデラックス 45㎡

清潔で快適なフローリングに北部スタイルのエッセンスを取り入れた、落ち着いたインテリア。お部屋はゆったりと広く、バルコニーからはマウンテンビューが望めます。

- セパレートシャワーブースとバスタブ

マウンテンデラックス/59㎡

 

バレーデラックスのお部屋に、壁面ガラス張りのソファースペースが配された客室。お部屋にいながら景色を楽しめるお部屋です。

- セパレートシャワーブースとバスタブ

 

ハイマウンテンデラックス/72㎡

より眺めの良いマウンテンビュー。広々としたお部屋とバルコニーが特徴です。タイスタイルのファブリックでセンス良くまとめられています。

- セパレートシャワーブースとバスタブ

 

スチームビラ/80㎡

2階建てビラの1階。全室スチーム付と贅沢なつくり。2階のジャグジービラとはバルコニーにある階段で繋がっていますので、両方のお部屋をファミリーでご利用いただくのもおすすめです。

-シャワースペース(バスタブはございません)/スチームルーム

 

ジャグジービラ/91㎡

2階建てビラの2階。チーク材を使用したランナースタイルが贅沢なつくり。全室バルコニーにジャグジー付。森林浴をしながらのバスタイムがお楽しみになれます。

-シャワーブース/アウトドアジャグジー

 

ヴィマンプールビラ/140㎡

プライベートプール、テラスなど贅沢な設備が付帯した、高級感のあるランナースタイルのビラ。

まさに「天国のような」このホテルを代表する客室。広くとった窓を開けると、目の前に飛び込むのは壮大な景色。ゆったりとした贅沢な時間が過ごせます。

-セパレートシャワーブースとバスタブ/プライベートスイミングプール/サンデッキチェアー

<客室共通アメニティ>

Wi Fi/TV/電話/CD・DVDプレーヤー/セーフティーボックス/ヘアドライヤー/バスローブ/スリッパ/ミニバー&ポット(コーヒー、紅茶)/バスアメニティ/傘/体重計

 

logo31

パンヴィマンスパ :10:00~19:00

タイ式マッサージ動画↓

お客様の感想動画↓

パンヴィマンスパが選ばれる3つの理由

1. タイスパ発祥の地、チェンマイNo.1 を受賞した名スパ!      

・ セラピストは独自のパンヴィマンメソッドによる座学・実技の厳しいトレーニングを受けています。だから、技術に偏りがなく質の高い施術をお約束。

・ 高く評価されている、タイ北部の建築スタイルを取り入れたアートデザインの中で、ここでしか体験できない別世界のリラックス環境。

2.  国の保健省認定スパ!

だから、衛生管理や技術において一定基準のレベルを満たしています(タイのスパ全体の2割程度しか認定されていません)

 3.  お肌にも環境にもやさしく、安全な、厳選されたオーガニックスパコスメ。ヘルシーに美しくなれます!

質の高い天然植物由来成分を配合した自社ブランドのスパコスメPUVIMANは政府の認証を得ているお墨付き。だから、現代の生活に自然バランスを取り戻すようアプローチ。心地良いアロマが安らぎと潤いをもたらします。

 

 

お肌やお身体のお悩みによって、または、とにかくリラックスしたい。などお好みでぴったりのパッケージメニューをお選びいただけます。

パンヴィマンスパおすすめのメニューはコチラ

ディープなスパ体験をご希望でしたら、タイヨガマッサージ、チベットストーンマッサージ、アーユルヴェーダなど歴史を経て受け継がれる本格派メニューもそろっています。

スパマネージャーにインタビュー。若々しく美しい秘密を聞いてきました!

受賞実績

  

-タイスパエクセレンスクオリティースタンダード

-タイランナースパ 受賞

-ワールドラグジュアリースパアワードノミネート

 logo2

パノラマレストラン/10:00-22:00

ホテル内オーガニックファームで自家栽培された新鮮な野菜やハーブを使用した目にも楽しい料理は、郷土料理であるタイ北部チェンマイ名物やタイ料理、洋食とお好みに合わせてチョイスしていただけます。メニューには唐辛子のマークで辛さ表示をしておりますので、お子様や辛いものが苦手な方でも安心です。

また、世界の優れたレストランに与えられる「ワールドラグジュアリーレストラン賞2016」を受賞しました!腕利きのシェフによる芸術的な絶品料理を、素晴らしい空間でお楽しみいただけます。

 

 

ムーンテラス 

月あかりに照らされた非日常空間で、お食事する場所にもこだわりを。時間とともに変化する眺めをご堪能ください。

ご希望の際は事前にご予約ください。

朝食/6:30-10:00

パンヴィマンチェンマイでは、地域色感じる食材や、郷土の調理法を取り入れた「ご当地朝食」メニューをご提供しております。

自家製ジャム。上からパイナップル&パッションフルーツ、グリーンマンゴー、バタフライピーフラワー、グアバ。瓶入りのお土産もございます。

タイ北部名物の「フライパン目玉焼き」チェンマイソーセージ入り。オープンキッチンでオーダーできますので、出来立てをどうぞ!

 

 

Bon Doi Cafe ボンドイカフェ /11:00-18:00 New Open!

2017年2月にオープンした「ボンドイカフェ」にて厳選されたコーヒー豆、挽きたてが薫り高い美味しいコーヒーはいかがでしょうか。季節のデザートは旬の素材を生かした味わいが魅力です。清々しい深い緑に囲まれて絶景とともにお楽しみください。

スパプラスレストラン/10:00-18:00

プールサイドにあるカジュアルな雰囲気の中で、エキゾチックカクテルや軽食をご用意しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

logo41

9:00-18:00

山の地形に合わせて作られた空中庭園さながらの2層式プールでは山々の緑や咲き乱れる花々に癒されます。キッズプールもございます。

 

logo51

ご滞在をさらに彩るとっておきのスポットをご紹介します。リゾート全体をジョギングしたり、散策するだけでも楽しいです。

 

その他の設備

-フィットネスエリア/ジョギングトラック/ミニゴルフコース/卓球/アーチェリー/ボクシンググローブとサック/ジャイアントチェス/ペタンク/キッズプレイグランド/洞窟/ヨガスタジオ

 

ブティックショップ 

石けんやシャンプーなど高品質な自社製品のスパコスメや、自家製ジャム、チェンマイのお土産などをご用意しています。

 

アクティビティ

大人気のタイ料理クラス。開放的な半オープンエアーのキッチンでシェフ直伝の本場の味を学びましょう。参加ご希望は前日までにフロントでご予約ください。

 

周辺の見どころ

パンヴィマンチェンマイの周辺には観光名所や穴場的な見どころがたくさんあります。どこに行くか迷ったらお気軽にレセプションスタッフにご相談ください。日本語を話すスタッフがお手伝いいたします。(不在の場合もあります)

 

メーサーエレファントキャンプ ホテルから8キロ、車で15分(マップ3)

70頭もの象が暮らすタイ北部最大の象キャンプでは、象の背中に乗って大自然の渓谷をゆったりと散策するエレファント・ライドが人気です。あっと驚きと笑いいっぱいの芸が見れるショーも見ごたえがありますが、なんと言っても、あのギネスに認定された油絵を描く象がいるのはあまりにも有名です! また、タイでは象は親しみと敬意をもって大切にされ、成功と幸せのシンボルでもあります。

 

モンジェーム ハイマウンテンビュー ホテルから10キロ、車で20分(マップ1)

  

タイ人トラベラーの間で人気急上昇の話題のスポット。雨季の午前中にはあたり一面に雲海が広がり息をのむ幻想的な美しさです。乾季の日中は青く晴れ渡った空と下に広がる山間の風景が楽しめます。また、ここでのお食事は格別!ビール片手にタイ式の東屋で靴をぬいで思いっきりくつろぎながら、ゆったりと流れる時間を過ごせます。

<<モンジェームハイマウンテン ストーリー>>

この辺りに住む、山岳民族を支援する目的でタイ王室財団を中心にしたプロジェクトで開発されました。以前は貧困から、麻薬の原料となるケシの実の栽培を余儀なくされていました。この観光地としての開発だけではなく、恵まれた気候を活かしてコーヒー豆や野菜、果物の栽培などが盛んに行われています。

 

 

 

シリキット王妃・植物園 ホテルから6.5キロ、車で10分(マップ2)

タイ国内初の植物園として1994年に建設されました。1000ヘクタール(東京ディズニーランド+ディスニーシーの10倍の広さ)という、広大な敷地内には大小10以上の温室が建てられ多種多様な植物のコレクション、栽培、研究をしています。特に、蘭は350種類以上あり、珍しい自生種も。温室内にぎっしりと生えたサボテンは圧巻です。とにかく広いので、ホテルから車をチャーターして要所を効率的に廻るのがおすすめです。

メーサー滝 ホテルから10.5キロ、車で20分 (マップ5)

タイ人にとって行楽の王道といえば滝。ゴザを敷いて家族や友人と食事を楽しんだり、水浴びで涼むのがタイスタイルです。ここには10段の滝がありそれぞれに違った形の滝を楽しむことができます。山道になっているのでちょっとしたトレッキング気分を楽しむのもおすすめです。滝の入り口にあるお店でガイヤーン(グリルチキン)、ソムタム(青パパイヤサラダ)などタイでのピクニックでは定番のテイクアウトをしてローカル気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ホテル周辺の観光マップ

 

 

アクセス

チェンマイ国際空港からの距離 約29キロ 車で約45分

住所:197/2 Moo1,T.Pong Yeang, A. Mae Rim Chiang Mai 50180 Thailand

Tel: + 66 (0)53 879 540-50

Fax: +66(0)53 879 494

 

 

Comments

  1. カミジョウ様/30代/カップル

    バケーションを満喫できる、行き届いたサービスのホテル

    ロケーション :☆☆☆☆☆
    ホテル設備  :☆☆☆☆☆
    客室     :☆☆☆☆☆
    スタッフの対応:☆☆☆☆☆
    お食事    :☆☆☆☆☆

    お部屋や料理を含めたホテル設備が特に素晴らしく、喧噪を離れた非日常を満喫することができました。
    市街地からは少し距離のある立地ですが、それを補うだけの設備や魅力に溢れたホテルです。

    2013年9月にヴィマンプールビラご利用

  2. 田中様/30代/友人

    自然に囲まれて、リラックスできました

    眺めがすご~~く良いホテルでした!

    朝食のレストランは景色が素晴らしく、山の空気がとっても気持ちよかったです!
    ブッフェに並んでいる野菜やドレッシングは自家製らしく、シャキシャキで美味しかったです。
    コーヒーも一杯ずつ淹れてくれるので、香りが良くとても贅沢な気分を味わえました。

    スタッフの対応は良い意味で控えめで好感が持てました。
    お部屋は清潔感に手入れされていて広く、窓を開けると目の前は緑でいっぱいでした。

    次に来るときは4,5泊くらいしたいです。

    2013年9月/バレーデラックスに宿泊

  3. Kana 様/20代/女子旅

    予想以上に良い、高級感あるホテル

    タイは大好きでリピートしていますが、今回は初チェンマイ。結果、大満足しています。
    山間の渓谷全体がリゾートになっていて、そこを壊すことなく自然に合わせて造られているのが印象的でした。
    ロビー、部屋からの景色は素晴らしかったです。特に好きだったはプールとスパのエリア。洞窟や滝があってディズニーランドのようでした!

    スパを利用しましたが、スタッフの感じがよくレベルが予想以上に高かったです。
    あとエレファントキャンプまでほど近く、観光に便利な場所だと思います。
    お部屋の中のちょっとしたところに、北部の民芸品?ドアノブが木彫りのお花だったり鳥だったり可愛いものがたくさんあって、楽しかったです。

    2013年2月ハイマウンテンデラックスに宿泊

  4. kei 様/30代/カップル

    今までに見たことのない、凄いホテル!

    チェンマイに秘密にしたい、リゾートホテルがある。と知人より聞いて行ってきました。
    旅慣れた友達がすすめするくらいだから、よっぽど良いのかなと思ってましたが、
    声を上げて驚くようなロケーションと部屋に感激でした!
    ディナーも味も景色も大満足でした。

    食後はあまりに気持ちよくて、ついうとうとしてしまいました。
    山のマイナスイオンのせいか。。。?日頃東京では仕事が忙しく、不規則な生活なので、ここでは本当に癒されました。

    料金も5つ星にしては良心的で、非常にコストパフォーマンスに優れたホテルです。
    市内からは少し距離があるのですが、それでもここに来る価値は十分あると言えます。

    2013年8月/プールビラに宿泊